所沢ブランド特産品

商品詳細ページ

初飛(はつひ)

【初飛(はつひ)】 「アンリ・ファルマン機」の複葉翼を形取った、狭山ほうじ茶のチョコレートパイ。菓名は「初めて飛立つ。人生の様々な門出を祝う」から。

225円/個(税抜き)

SNSをチェック

“開発ストーリー”story

昭和25年創業のかにやは、初代の頃から、合成甘味料等の添加物を可能な限り使わない、味に対して徹底したこだわりを持つ会社でした。 その思いを受け継ぎ、創業から一貫して自社開発・自社生産にこだわり、開発は少なくとも1年、長いものでは2年以上の月日をかけて、形、味、ネーミングにもこだわってきたとのこと。 「初飛」を作ったのは、先代が急逝されて三代目・真太郎さんが跡を継いだ直後。「お菓子屋さんの使命は地域を盛り上げることだ」という、初代からの教えを受けて、所沢の旗艦店・けやき台店で販売するために、航空発祥の地・所沢で初飛行した飛行機になぞらえて開発。 狭山茶を原料にしたチョコレートを、複葉機の飛行機に見立てた二枚のパイで包み、所沢らしいお菓子を作られました。


水村 真太郎さん

“おすすめポイント”recommend

「初飛」の由来は、「初めて飛立つ。人生の様々な門出を祝う」という、お祝いを込めて作ったお菓子でもありますので、飛行機の二枚羽に乗せて、未来に飛んでいく新しい方へ、航空発祥の地・所沢から外へ飛立つ人へ、送っていただきたいです。

販売店はこちら