所沢ブランド特産品

商品詳細ページ

農民煎餅

【農民煎餅】 狭山茶と深井醤油使用のお煎餅。醤油、狭山茶、甘味の3種類の煎餅と狭山茶のティーバッグのセット。陸稲を栽培する農民の晴耕雨読の世界をイメージ。

1,800円/箱(税抜き)

SNSをチェック

“開発ストーリー”story

地元のお茶メーカーさんとの打ち合わせの中で、お土産品を作りたいと始まったプロジェクト。お土産品の制約の中では持ち帰り易さと共に、日もちさせることを重視されたそう。 「所沢らしくて日持ちしやすいもの」を連想し、その昔所沢が陸稲(おかぼ)栽培をしていて、その際に食べていたお菓子が、お米で作っていたお煎餅だと言うことになり、農業で暮らしていた所沢の人たちが食べていた物を「Japanese Traditional Cracker」として再現し、お土産品にすることになりました。 雨の日はちょっと一服しよう。というコンセプトの元、晴耕雨読の世界観を背景に農民の人をフィーチャーしたおせんべいを作ろうと始めました。


渋谷 正則さん

“おすすめポイント”recommend

ターゲットにするのは、お煎餅をあまり食べない若い人や海外の人に絞り、所沢だから買うのではなく、食べることにより、所沢文化を知っていただくことことに注力しました。 所沢を商品名に入れるのではなく「農民」という面白さを伝えながら、パッケージづくりにもこだわりました。 中身についても、一箱で6枚のお煎餅と6回のティータイムが楽しめるパッケージにして、その頃の農民のゆったりした気持ちを、農民煎餅で味わっていただけたらと思います。