所沢ブランド特産品

商品詳細ページ

所沢どら焼き 里のアロマ

【所沢どら焼き 里のアロマ】 所沢産里芋を生地に練り込み、もちもち感を実現した新食感どら焼き。粒あん、狭山茶、ピーナッツバター、他季節限定あん(2種)の全5種類。

186円/個(税抜き)

SNSをチェック

“開発ストーリー”story

創業50年という歴史を持つ宝月さん。「里のアロマ」は、「祖父のどら焼きが忘れられなかった」という孫の大地健太さんが弟子入りして開発したどら焼きです。所沢市からブランド特産品の話を聞いて、「これはやりたい!」と新しいお土産の開発に着手されました。 着想の段階からどら焼きの中身の餡に里芋を使いたいという構想があったそうですが、日持ちが難しいという問題があり、着眼点を変えて生地に練り込むこととし、しっとり感が実現した新食感のどら焼きを開発されました。 餡に使う材料は全国からこだわり抜いたものを使っており、季節品である広島レモンや柚子は、国内でも特定の場所でのみ生産されたものを特別ルートで入手して品質に活かすというこだわり。


大地 健太さん

“おすすめポイント”recommend

国産バターとフランス産発酵バターを使用し、里芋を練りこんだ生地が特徴です。1つ1つ手焼きをすることで、味の品質を落とさないようにするとともに、伝統の技を活かしていけるよう心掛けています。 「里のアロマ」とは、里芋の香り、宝月が大切にしている四季の移り変わりと、故郷の香りを届けたいという願いを込めて作りました。 伝統と斬新さが両立するお菓子作りを通して、新食感の体に優しくて美味しい「本物」を全国、そして世界へ広げていきたいと思います。